祈り

私は大人になってから、大切な人が病気になったり、窮地に立たされたりして、
でも自分は何もしてあげられない時、掌を合わせてひたすら祈ります。
今でも神社仏閣で人々は手を合わせるように、
太古の昔から、人間はそうしてきたのかもしれません。
またそうすることで、不思議と自分の心も落ち着きます。


「どうかあの人が救われますように」


「どんな結果になるかは、おまかせしますが、
それが決して無駄になりませんように」


「とにかく、解決のためのいい案が浮かびますように」


決して結果を求めてはいけません。
良い結果を得るために、努力するのは自分自身です。
こういった祈りの中で、真っ暗闇の絶望の中から
ほんの少しの希望が見えてきたりします。

それは若い頃、何年もの間、自分の体の不調が続いた時、
鍼の師匠から「毎日朝晩合掌しなさい」と言われたことから始まっています。
私の家にはお仏壇などもなく、そういった習慣が全くありませんでした。
それを師匠は見抜いていたのでしょう。
それから毎日、お水と線香を一本立てて、ただ合掌を続けました。
妙に心身が落ち着いたのが不思議でした。

私は特別の宗教を持っているわけではありません。
おそらく祈りとは、人々の心から自然に発する行為なのだと思います。
またそういった心の底からの祈りであればこそ、
神様は手をかして下さるのだと思います。


今日知人の伝手で、京都・嵯峨野の清涼寺の住職でもある
琵琶説教師・金森昭憲さんの語り歌「隅田川」と法話をお聞きする機会がありました。
初めて生で聴く筑前琵琶の音色と、素晴らしいお声に感動しました。
また、法話の中では今の私にとって素晴らしいヒントになるお話があり、
おそらく今日このお話を聞くために、私はここへ来たのだなと思いました。

色々な御縁でまた今日も支えられています。
ありがとうございます。
c0145449_14143273.jpg

Commented at 2009-03-22 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-03-23 09:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yurikak5 at 2009-03-23 21:48
鍵コメさま 
暖かいお言葉、大変うれしく思っています。
ありがとうございます。
Commented by ageha227 at 2009-04-03 08:34 x
『念ずれば通ず』ですね、、、何事も。。。。
宝くじだけはそのようには、、、
いかないですけどね。。。(苦笑)^^;
Commented by yurikak5 at 2009-04-03 19:26
ageha227様
こちらまでコメント・・・嬉しいです。ありがとうございます。
なかなか難しい状況なんですが、頑張ります!
by yurikak5 | 2009-03-22 14:36 | 雑記 | Comments(5)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika