阪神大震災から14年

14年前の今日が、阪神大震災の日でした。

最近、新聞やテレビなどで特集がよくあり、
震災で両親を亡くした兄弟のその後や、
震災で頭にピアノが倒れ、脳に障害を持ち、
言葉もままならぬ状態になった20才の女性、
妊娠中震災にあい、直後出産したものの、
子どもがアスペルガー症候群で、
その後離婚、事故、本人が自律神経失調症になるも、
立ち直った様子など、涙が出るような体験談がいくつもありました。

震災の時、幼かった被災者たちが20才を過ぎ、
自分自身の言葉で語れるようになったことが、
真実を伝わりやすくさせたのかもしれません。

私自身は当時、鍼灸学校を卒業したばかりで、
東大阪のワンルームマンションの二階に一人暮らしをしていました。
ドンっと体が浮きあがるような、突き上げる最初の揺れで飛び起きましたが、
等身大の鏡が倒れヒビが入っただけで、被害は軽くすみまし。
直後、兄から安否確認の電話があり、電話が途切れず良かったなと思ったこと、
電車が止まり職場まで自転車で行った時、
阪神高速の下を走る中央大通りのアスファルトのあちらこちらに
深い亀裂が入っていたのを見て、これはすごい惨事になっているかもしれないと
思ったことなどが回想されます。

人間というのは、弱くて強い生き物。
幾多の苦難を乗り越え、たくましく生きる様は人に感動を与えますね。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

c0145449_2031592.jpg

Commented by green-field-souko at 2009-01-18 06:07
阪神大震災のすこし前になるのかな。
95年4月1日、ごく局地的な直下型地震で、生家が半壊してしまいました。
幸い周りのひとは無事でしたけど、しばらく、眠れない日が続きました。
自分では「大丈夫」と思っているのに、余震がくると涙がダーッと出てしまうとか、
いま思えば、恐怖でちょっとおかしくなっていたのかもしれません。
地震は物だけじゃなくて、いろんな傷を残しますね。
Commented by seechan2525 at 2009-01-18 10:25
ヨモギ様も被災されてたのですね
神戸の人口の1/3が、震災を知らない世代になったと報道されていました
平和が戻ったとは言え、その時の恐怖を抱えたまま
生きてこられた方がいるのは、辛い事ですが、
伝え残して行く事が大切ですね
心から、ご冥福をお祈り致します・・・
Commented by yurikak5 at 2009-01-18 18:04
草子さま
新潟は本当に地震多くて、心中お察しいたします。
心的外傷っていうんでしょうね。
阪神大震災のあとも、独居老人の自殺とか続きました。
心の傷の方が深いのかもしれません。
今私が住んでいる場所も、大きな断層の真上なんです。
まー、死んだら死んだときですね(笑
Commented by yurikak5 at 2009-01-18 18:07
シー坊さま
被災といっても、家族皆、特に被害はなかったので、
被災者というより経験者でしょうか。
人間、生きていると人それぞれ
色々な種類の災難に見舞われますが、
乗り越えていくしかないんでしょうね。
by yurikak5 | 2009-01-17 20:38 | 雑記 | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika