紅葉

今日は勉強会の後、両親の治療。
親も段々を歳をとって、あっちこっち不調を訴えます。
「紺屋の白袴」じゃないけど、身内っていつも後回しになっちゃうんですよね。

東洋医学のもっとも得意とするのは、未病を治す~病の予防です。
病になってからでも治療できますが、時間がかかります。
軽い不調で先手を打っておけば、大病にまで発展しません。
これを薬で誤魔化すと、後で何らかの形でしっぺ返しがきます。
体が弱いにも関わらず、漢方鍼灸のおかげで長年医者知らずの私ですが、
年月が断つほどに東洋医学で体を治す素晴らしさを実感します。

ですので、なるべく面倒がらずに、家族も軽い症状のうちに治療するように心がけています。
実家付近の桜並木はすっかり紅葉していました。
c0145449_18474394.jpg


実は身内の治療は、近しい分だけ、他人様より大変難しいとされています。
(なんといっても、一番厳しい批評家ですから)
でも他人は治せても、家族は治せないなんて悲しいですよね。
初めは私がこの道に進むことを反対していた頑固な父も、
少しずつ鍼灸を受け入れつつあることを嬉しく思います。
元気で長生きしてね!お父さん。お母さん。
c0145449_18514882.jpg

Commented by inomaki at 2008-11-18 21:44 x
みんな長生きできるように鍼灸や漢方がもっと普及してほしいです。この前バイト先のお客さんで漢方薬局で働く韓国人の若い人たちに出会いました☆片言で会話しながらなぜか『柴胡は肝臓にいいよネ~』とみんなで盛り上がって全員で記念撮影をして、ではサヨナラー!!になりました・・・笑

漢方の話で盛り上がるなんて☆★先生のおかげデス!
Commented by yurikak5 at 2008-11-18 23:22
inomakiちゃん
韓国では「チャングム」「ホジュン」といった、非常に緻密で専門的な漢方医のドラマが高視聴率をとるほどで、日本人よりずっとずっと漢方を生活に取り入れておられるようです。環境保全にも積極的で、レジ袋なしなど当たり前、ゴミ分別も9種類だとか。それも皆当たり前にやってる。何だか、こちらが恥ずかしくなってしまいますよね。
漢方を通じて、国際的な交流をはかれて良かったですね!
by yurikak5 | 2008-11-16 18:58 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(2)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika