第二回 広州中医薬大学&北辰会学術交流会

昨日、私が所属する北辰会と広州中医薬大学の学術交流会があり、
広州でSARSをも中医学で治した老中医・鄧鉄涛(とうてっとう)教授の一番弟子である、
靳士英(きんしえい)教授が来日されました。
残念ながら鄧鉄涛先生は90才を超えるご高齢のため来られず、
靳士英先生が来られたのですが、それでも80才を超えてらっしゃるそうです。
でもすごく元気。日本語も流暢です。

なぜ、鍼灸の一学派である北辰会との交流が始まったのかというと、
始まりは鄧鉄涛先生の「実用中医診断学」という著作の国外研究という項目中に、
北辰会代表の藤本蓮風先生の
「舌診がどれくらい有効かー急性白血病一症例における舌診断ー」
という論文についての記載があったのを、弟子の一人が偶然見つけたからでした。

実は以前、靳士英先生が来日した折、神戸中医研の伊藤良先生の研究と共に、
藤本代表が専門誌に投稿した、舌診についての論文を読まれたのだそうです。
中国の本の中に自分の名前を見つけた藤本代表は大変感激し、
鄧鉄涛先生に是非ともお会いしたいとお手紙を書き、
帝塚山学院大学文学部教授の杉本雅子先生のご尽力もあり、
医師3名も含む20数名の北辰会会員で訪れることになったのが、昨年の2月でした。

日本ではまだまだ「舌診」を取り入れて治療されている医師や鍼灸師は少なく、
鍼灸学校や医学部でも教えてくれないのが現状です。
しかし、舌そのものの色や形、苔の色やハゲ・亀裂、
また舌の裏の血管の色や形状などなど、
舌一枚で体内の様々な状態を把握できる奥深い学問なのです。

この論文中でも、白血病の末期の方が亡くなられるまでの舌の状態を分析し、
機械など使わない、人の目で見る「舌診」という東洋医学的診断法によっても、
危険な段階を察知できるということを示しています。
こういった医療に役立つ診断法が、東医西医を問わずもっと広がれば、
患者さんがもっと救われるのではないでしょうか。

ということで、昨日のブログは中国語でした。
訳は「ありがとう 新しい出会いに感謝 嬉しいことです」です。

藤本蓮風代表の近著、人気です。
「梅田・旭屋」 10月ランキング 4位 5位
c0145449_17301578.jpg

「難波・ジュンク堂」 右3冊
c0145449_17305657.jpg

撮影 柚・スタッフ Tina.S
Commented by ピーちゃんの夫 at 2008-11-10 01:07 x
いつも、妻と子供がお世話になり、ありがとうございます。

さて、クラシックギターの件ですが、
僕は「松岡良治」のM-65を持っています。
値段が値段ですので多くを要求できませんが、
ネックのつくり、フレットのつくりがしっかりしていて素直だと思います。
基本的なことを学ぶのに十分です。

多くの人に聞いたのですが、ほとんどの人から「松岡」を勧められたので、このギターにしました。

僕の買った低価格帯から、20万円くらいまでは「松岡」が好評のようです。
Commented by ピーちゃんの夫 at 2008-11-10 01:18 x
良いギター

音の立ち上がり
メロウさ
ブライトさ
鳴り(高音、中音、低音)
響き
抜け

色んな表現がありますが、楽器の特徴があります。
自分が何を表現したいかで自分にとって
どの楽器が良い楽器なのかが決まると思います。
Commented by ピーちゃんの夫 at 2008-11-10 01:26 x
趣味でも地道に続けているとその世界に魅了されます。

優しさ、癒し、楽しさ、愉快、小躍り、喜び、苦悩、落胆、厳しさ、
スリル、などなど。

練習を積んでと、自分が好きな曲、好きな和音の進行、好きな旋律が分かってきて、自分がそれらをどういう風な音にしたいのかという
欲求がでてきます。

そういう時に自分にとって良い楽器が判断できるのだと僕は思います。
自分にとって良いギターが見つかると思います。
Commented by ピーちゃんの夫 at 2008-11-10 01:31 x
僕はこういう考え方で選んでいます。
(文章を短くしようとしたのでうまく伝わっているかどうか)
エレキギターはそういう考え方で最後はハンドメイドのものを
選びました。

クラシックギターもいずれ自分にとって良いものが欲しいなと
思っています。
Commented by ピーちゃんの夫 at 2008-11-10 01:40 x
このように、いつか自分にとって良い楽器が欲しくなるので、
何が良い楽器かが分かる、基本的な練習に適している楽器を
最初に選びました。

こういう質問を多くの人にしてみると、「松岡」が良いということで
松岡良治を選びました。

本当は10万円くらいのが欲しかったのですが、そのとき予算が
会わずM-65を購入した次第です。

バッハを弾く時(人前で演奏できるレベルではありません)は、
内省的な凛とした音がやはり欲しくなるのですが、
全体的な傾向は、温かさ、優しさ、癒しといったフレーズが好きで、
そういうフレーズに反応してくれるものが最近欲しくなってきました。

僕は、こういう風に楽器を選んでいます。
Commented by ピーちゃんの夫 at 2008-11-10 01:57 x
クラシックギターは、高級な機種になると「工房」の世界で、誰々作とかになるようです。
僕はクラシックギターに関して明るくありませんが、多くの人の意見と実際に一本買ってみての判断ですが、以上述べましたような観点で選びました。
先生が長くその一本をお使いになるか、僕と同じようにいずれ自分にとって良いものをお求めになるかに関わらず「松岡」を予算の範囲で求められるのが良いのではないかと思います。

妻に早く先生にお伝えするように言われ、書き込んでおりますので、今読み直してみると、誤字脱字が多く大変失礼しました。

先生のギター選びの一助となれば幸いです。
では、失礼します。
Commented by yurikak5 at 2008-11-10 20:58
ピーちゃんの夫様

早々のお返事、ありがとうございます!
大変丁寧で的確なアドバイスに、非常に感激しております。

クラシックギターとは初めての出会いですが、先日ギター教室で値段が一ケタ違うものを弾き比べさせてもらいましたら、やっぱり高い方が弾きやすくて音も良かったです。。。

あまり高価なものを買うつもりはありませんが、
自分にしっくりくる、長く使える一本を探してみたいと思います。
クラシックギターはフォークギター以上に奥が深そうな気がしています。
「松岡」ですね。やはりお聞きして正解でした。
早速、探してみようと思います。
by yurikak5 | 2008-11-03 17:58 | 東洋医学・鍼灸 | Comments(7)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika