目から鱗・・・

昔からギターを弾くと左の指先にタコができていた。
そんなものだと思っていた。
だから鍼灸師を目指した時、脈診の邪魔にならないよう、
ギターから遠ざかったのだ。

あれから17年・・・。

今日習ったギターの先生の指には、全くタコがなく柔らかかった。
なんとタコができるのは、弾き方が悪いそうな。
えーっ?なんで、なんで?
結局押さえすぎ、力入りすぎだったのだ。
あぁ、もっと早く知っていたら・・・。
17年も封印せずにすんだものを・・・。
でもま、音楽やるゆとりもなかったからね。

そういうことならこれからは指にテープなんか巻かずに
どんどん弾けるってこと。嬉しい♪♪♪

c0145449_2235911.jpg

Commented by eringi-iruka at 2008-10-26 22:05
ワタシのギターの先生に聞いたところ、
「ギタータコはできますよ。」
・・ということでした。
(プロのギタリストの方です)

人によって皮膚の厚さで出来ない人もいるし、
先生は弾きすぎで、タコを通り越して
何度も指先が割れたそうです。

そのうち弾き慣れて、指先が硬くなってきて
タコが出来なくなるので心配ない・・とのアドバイスでした。。。

どちらが正しいんでしょうね???(^^;)
Commented by yurikak5 at 2008-10-26 23:24
まあ芸術なので、何が正しいってことないでしょうけど、
その先生の指を触らせていただきましたが、
本当に柔らかかったです。
音楽に対する考え方も共感できましたし、
非常に上手でしたので納得できました。
演奏の仕方でも大分変わるのではないでしょうか。

私はずっと木の板のところまで押さえなあかんと思っていましたが、
フレットに付けば音はきれいになるとのことで、
やってみたら本当にそうでした。
早弾きする時は強く押さえていてはできないとか。

実際、ほとんどの人はタコができると思います。
タコできても支障ない人は、確かにあまり気にしなくていいと
思いますが、私にとっては死活問題ですので(笑)
何とかタコの出来ない弾き方、この先生から伝授してもらいます!


Commented by kinyrt at 2010-03-11 11:05 x
どうも、こちらにも来てしまいました。
youtubeのプロフ読んで「訳があって・・・」の訳がようやく理解できました。
タコ・・・高校の時は指先かちかちでした。
し、周りの上手い人達もタコがありました。
それが普通だと思ってました。

今・・・指先ふにゃふにゃ。
ギターを弾いても痛くて痛くて3分もたない・・・
そのうち押えきれなくなって、音がでない・・・
諦めてギター片づける・・・
の繰り返しです(笑

タコができないと、指先が弦に食い込んで、爪がフレームに当たってしまい音がちゃんとならない・・・ってことないですか?

早くタコができるのを待ち望んでいる今日この頃です・・・(笑

タコができない人もいるんですね!初めて知りました。
Commented by yurikak5 at 2010-03-12 21:10
kinyrt様
こちらにまで、コメントありがとうございます。
この先生はタコが本当になくてフワフワの指、
もちろん先生やっている位ですから、とてもお上手です。
上手な人でもタコある人もいますよね。
石川鷹彦さんもありました。弾き方でしょうか。

この先生に何故タコができないのか聞いてみたら
「よくわからないけど早弾きするのに強く押さえては弾けない」
ということでした。
私もやっぱり出来てしまうので、
なるべくテーピングしてやってます。
指の腹の形とか、肉の厚さとか、
色々個人差があるのかもしれません。

by yurikak5 | 2008-10-25 22:41 | 音楽・ライブ | Comments(4)

鍼灸と動物と音楽と☆漢方柚鍼灸院・院長ブログ


by yurika